【不動産売却の流れ】

不動産のご売却は一生に一度あるかないか、
の大きな出来事です。

なかなか経験されている方も少なく不安な点もあるかと思います。

そこで今回は不動産売却の流れを見ていきましょう。

1. お問い合わせ
・ご自身がお持ちの不動産は一体いくらになるか?
・とにかく早く売らなきゃならない。
・転勤が決まった
・相続 

売却を検討されるご事情は様々です。
まずはお気軽にご相談ください。
もちろん秘密厳守ですのでご安心ください。

2. 物件調査・査定
査定方法には「机上査定」「訪問査定」がございます。
「机上査定」
・周辺相場などから売値を判断する方法
・すぐに目安を知りたい方におススメ!
「訪問査定」
・物件の中、現地の環境、役所調査を実施したうえで
売値を判断する方法
・きちんとした価格を知りたい方におおススメ!      

3. 売却方法の種類
売却の方法には大まかに下記の種類がございます。
※リースバックは取り扱っていない会社もございます
「一般向け売却」
・広く買主を募集する売却方法です。
・<メリット>相場と相違ない価格で売却できる
・<デメリット>値付けによって売却活動が長引く恐れも

「業者買取り」
・不動産業者が買主になる売却方法です。
・<メリット>すぐに現金化でき、周囲に知られず売却が可能
・<デメリット>相場より低い価格での取引に

「リースバック」
・不動産業者(または専門業者)が買い取り
引き続き賃貸で住み続ける売却方法です。
・<メリット>売却後もそのまま住める
・<デメリット>相場より低い価格での取引に

4. 媒介契約の締結
不動産の売却を不動産会社に依頼する場合、媒介契約を結ぶことになります。
媒介契約には下記の通り3つの種類があります。
「一般媒介契約」複数社に依頼可能
「専任媒介契約」一社のみに依頼。売主が買主を見つけて契約することが可能。
「専属専任媒介契約」一社のみに依頼。売主が買主を見つけて契約できない。

【必要書類】
媒介契約を結ぶ時は権利証、建築確認済証・検査済証、
測量図などの資料が必要となります。
不動産の売却を考えたら関係資料を整理しておきましょう!

5. 物件状況等報告書・設備表
媒介契約時には「物件状況等報告書」「設備表」をもとに
不動産の状況を把握しましょう。
売却成立時のトラブルを防ぐうえで非常に重要です!
上記書類はスタッフがご用意いたします。

6. 販売活動
売却を依頼する会社選びの際に、同のような販売活動をしてくれるのかが
非常に重要となります!
不動産会社にも得手不得手がありますので、
どのような計画で販売するのか?
販売力がある会社なのか?
しっかり確認しておきましょう!

【主な販売方法】
・HP、ポータルサイト、不動産情報紙、チラシ
・既存のお客様への紹介
・不動産流通システム(レインズ)への登録 等

7. 売買契約の締結
無事購入希望者が見つかったら
購入希望者からの要望や条件の調整をして売買契約を行います。
宅地建物取引士が重要事項説明を実施し、売買契約書を取り交わします。
その際「物件状況等報告書」「設備表」をもとに物件の状況も説明いたします。

8.引き渡しの準備
売買契約が完了したらお引渡しの準備を行います。
物件の不具合を見逃していないか、残置物の片付け、お引越し、公共料金の清算、
必要書類や抵当権抹消の準備も行います。
難しい手続きもスタッフがしっかりとサポートいたします。

9.残金決済
買主から残代金を受領し、税金や諸費用の清算を行います。
事前に必要書類をお知らせいたしますので忘れずに持参しましょう。

10.お引渡し
お金のやり取りが終わりましたら
物件のカギをお渡しして、不動産売却が完了となります。


難しそうなやりとりも発生しますが
ご安心ください!

経験豊富なスタッフがしっかりとサポートいたします。

大切な不動産のご売却、わたしたちにお任せください!



前へ 「当社公式Instagramもよろしくお願いします!」

記事一覧

「戸建感覚で暮らせる広い庭付きマンション♪」 次へ